HTML / CSS

【レビュー】HTML5&CSS3デザインきちんと入門【書評・感想】

HTML5&CSS3デザインきちんと入門

どうも、シューヘーです。

HTMLとCSSを書籍で勉強したくて、「HTML5&CSS3デザインきちんと入門」という本が良いという情報をつかんだけど、本当にこれでいいのだろうか。実際に読んでみた人の感想を知りたい

こんな疑問に答えます。

この記事の内容

・「HTML5&CSS3デザインきちんと入門」のレビュー・感想

・「HTML5&CSS3デザインきちんと入門」の内容

・どんな人におすすめか

僕はweb企業でサーバーサイドエンジニアとして働いて、半年ほどになります。普段は主にRubyを書いており、HTMLやCSSを触る機会はそれほど多くはありません。

 

とはいえ、HTMLやCSSの知識がないと業務で困ることがあったため、もう一度HTMLとCSSの基礎を覚え直すためにこの本を購入しました。

 

結論としては、購入してよかったです。今までおぼろげだった知識が明確になり、今後分からないことがあったときに辞書的な使い方ができるからです。

 

では、もう少し詳しく、良かった点や悪かった点について解説していきます。

「HTML5&CSS3デザインきちんと入門」のレビュー・感想

HTML5&CSS3デザインきちんと入門

この本の内容

この本に書かれている内容は、以下のとおりです。

・Webサイトの仕組み

・HTMLの基礎知識(書き方)

・CSSの基礎知識(書き方)

・テキストの装飾

・リンクの設置

・画像の表示

・ボックスの使い方

・テーブル

・フォーム

・レスポンシブデザイン

この本を一通り読み終えると、デザインの基礎的な部分は網羅することができます。

 

1冊で1つのwebページを作るという形式ではなく、章ごとにサンプルコードがいくつか用意されており、そのサンプルコードを見せながら解説していく形式です。

 

サンプルコードは本の中にも記述されていますが、ダウンロードして実際に自分でいじることもできます。

個人的に良いと感じたところ

以下の2点です。

図が多くて見やすい

解説が丁寧で分かりやすい(初心者にやさしい)

読み終えた後も辞書的な使い方ができる

サンプルコードごとに、「このサンプルコードのように記述すると、このように表示されます」というのが図や写真で載っているので、パッと見てすぐに理解することができます。解説もとても丁寧でした。

 

また、「この機能を実装したいな」と思ったときに、辞書的にこの本を使うことができるのが良い点だと思いました。

 

これまで「要素を横に並べたいときはどうするんだっけ…」となったときはいちいちググって、その中から正しそうな情報を選んで試行錯誤しつつ実装していました。

 

ググるのも大切ですが、要素を横に並べるやり方がいくつかあり、ググるたびにどの方法を使うか選んだりして余計な時間を取られていました。

 

しかし、この本では「要素を横に並べるのはいろんな方法がありますが、最近ではこのやり方で実装するのが良いですよ」ということも書いてあったため、今後はこの本を参考にしてすぐに実装できそうです。

ここはイマイチだと感じたところ

以下の1点です。

・「分かる」レベルとしては十分だが、「できる」レベルには到達しない(1からWebサイトを1人で作れるレベルにはならない)

理解のレベルには、以下の4つの段階があると言われています。

  1. 知る
  2. 分かる
  3. できる
  4. 教える

下に行くほど、深く理解できているということを表しています。

 

この本では、「HTMLやCSSの書き方や使い方を理解する(分かる)ことはできるが、実際に独力でHTMLやCSSを書いてWebサイトを作れる(できる)ようにはならない」というのを個人的に感じました。

 

実際に「できる」ようになるためには、Webサイトを1から自分で考えて作る経験が必要です。

 

余談ですが、1から自力でWebサイトを作れるようになるための教材としては、「HTML5/CSS3 モダンコーディング」という書籍が有名です。

 

こちらの書籍は現在僕も進めている途中ですが、「1から自分でWebサイトを作る」という工程を、3つの異なるレイアウトを作りながら学ぶことができます。

 

「1からWebサイトを作れるようにはなれない」とは書きましたが、とはいえ「分かる」レベルにならないと「できる」レベルには到達しないので、自分の理解度に合わせた書籍を選ぶのが大切です。

kindle版か紙の本か

個人的には、圧倒的に紙の本がおすすめです。

 

理由は、紙の本ならサンプルコードと解説ページをすぐにペラペラ行ったり来たりできるからです。

 

(サンプルコードとその解説ページが離れているときは、何回もサンプルコードと解説ページを照らし合わせて読み進めることになります)

 

上記の理由により、技術書は紙の本を買うことをおすすめします。(僕も以前何冊かKindle版の技術書を買ったことがありますが、今ではすべて紙の本を買うようにしています)

「HTML5&CSS3デザインきちんと入門」はこんな人におすすめ

個人的には、以下のような人におすすめしたいです。

・ProgateやドットインストールでHTMLやCSSを触ったことがあるが、イマイチ理解できていない、知識に自信がない

・HTMLやCSSの全体像をつかめていない人

・「ボックスを横に並べるにはどうすれば良いか」と聞かれてパッと答えられない人

ちなみに、僕がこの書籍を手にとったときのレベル感が上記に書いてあるとおりでした。本を読み終えた今は、上記の自信のなさが払拭できたので、この本を選んで正解だったと思います。

 

余談ですが、「一度もHTMLやCSSを書いたことがない」という人は、まずは定番のProgateから始めてみるのをおすすめします。エディタや環境構築の必要もなく、すぐにHTMLやCSSに触れることができるからです。

さいごに

以上、「HTML5&CSS3デザインきちんと入門」のレビューでした。もう一度この記事の内容をまとめると、以下のとおりです。

・図が多くて見やすい

・解説が丁寧で、初心者にやさしい

・読み終えた後も、辞書的な使い方ができる

・「分かる」レベルとしては十分だが、「できる」レベルにはならないかも

・Kindle版よりも紙の本がおすすめ

個人的には買ってよかったと思っていますが、他にも良書はたくさんあるので、是非いろんな本のレビューを読んでみて、最後はご自身でどの本が自分に合っているかを選んでもらえればと思います。

 

(技術書はちょっと高いですし、買ってから後悔のないように。)

 

少しでも、この記事が技術書選びの参考になれば幸いです。

では、以上です。

 

この記事内で紹介した本

HTML5&CSS3 デザインきちんと入門:HTMLとCSSの知識を体系的に学べる

HTML5&CSS3 モダンコーディング:1から自力でモダンなWebページを作れるようになる