HTML / CSS

【レビュー】HTML5/CSS3 モダンコーディング【書評】

どうも、シューヘーです。

HTMLとCSSの書籍で「HTML5/CSS3モダンコーディング」という本が有名だと聞いたけど、買うかどうか迷っている。実際に読んでみた人の感想を聞いてみたい

こんな悩みに答えます。

 

この記事の内容

・「HTML5/CSS3 モダンコーディング」のレビュー・感想

・「HTML5/CSS3 モダンコーディング」の内容

・どんな人におすすめか

 

僕はサーバーサイドのエンジニアですが、HTMLやCSSなどフロントの技術も基礎的なところは勉強しておかないといけないと思い、この本を購入しました。

 

一周終えた感想としては、「実際にWebページを作りながら実践的な知識をつける」のに最適な本だと感じました。

 

では、どういったところが具体的に良かったのか、もう少し詳しく解説していきます。

「HTML5/CSS3 モダンコーディング」のレビュー・感想

この本の内容

この本は以下の3つのパートに分かれており、それぞれのパートで1つのWebページを作るという形式になっています。

・スタンダードレイアウト

・グリッドレイアウト

・シングルページレイアウト

具体的には、以下のようなWebページを作成していきます。

 

スタンダードレイアウト

グリッドレイアウト

シングルページレイアウト

この1冊で、今どきのモダンなWebページの作り方を3つも勉強できるので、かなりお得感があります。

 

また、サンプルコードをダウンロードできるので、自分が書いたコードと実際のコードを比較しながら学習を進めることもできます。

個人的に良いと感じたところ

この本がいいなと思ったポイントは、以下の3つです。

・かっこいいサイトが簡単に作れる

・実際にWebページを作るので、実践的な力がつく

・解説が丁寧で分かりやすい

まずひとつ目は、この本を読みながらコードを書いていけば、誰にでもモダンでかっこいいWebページが作れるようになっていることです。

 

「キレイなサイトはこんな風にできているのか…」ということが知れますし、自分で作ることで自信にもなります。

 

ただ、理解せずにただ写経するだけだと「できるようになった感」しか残らないので、注意が必要です。

 

2つ目に、実際にWebページを作りながら進めるという形式が良いなと感じました。

 

「aタグはリンクで、h1タグは見出しです…」みたいな説明をつらつらされるわけじゃなく、実際に自分で作りながら、タグやプロパティを自然と覚えることができます。

 

また、「どんな場面でこのCSSのプロパティを使うのか」ということも感覚として身についた気がします。

 

最後に、解説が分かりやすいのが良かったです。

 

「図が用意されていないページがないのでは?」というぐらい図が多く用意されていて、パッと見て理解できるように工夫されているなと感じました。

 

また、コードが追加されたときは、それぞれの行に番号をふってその番号ごとに詳しく解説されているので「なぜこの行が必要なのか?」というところまで分かります。

ここはイマイチだと感じたところ

イマイチだと感じたところはほぼないのですが、絞り出すと以下の3点です。

・「できる」気になってしまう

・辞書的な使い方には向いていない

・完全初心者向けではない

まず1つ目は、「できる気になってしまう」ことです。

 

解説を読みながらコードを書けば誰にでもキレイなサイトを作れてしまうので、「あれっオレ1人でできるんじゃね?」という気になりますが、それは実際に自力でできるようになったのではありません。

 

何も見ずに1から自分でサイトを作れて、はじめて「できる」と言えるのです。

 

だから、この本を進めるときは、サンプルコードを見る前に「自分だったらどう実装するか」を書いてみた後に、答え合わせのような感じで読み進めるのがおすすめです。

 

もしくは、一周読み終えた後に、同じレイアウトを何も見ずに1から自分で実装してみるのも良いと思います。

 

とにかく、「自分で考えて実装する」という工程を踏むことが大切です。

 

イマイチだと感じた点の2つ目は、「辞書的な使い方には向いていない」という点です。Webページを作りながら適宜解説をはさむという形式なので、仕方がないのですが。

 

とはいえ、最後に索引もあるので、知りたい情報は索引から探せばすぐに見つかります。

 

また、「完全初心者向けの本ではないな」とも思いました。解説があるとはいえ、それなりに複雑なWebページを作るので、初見の人にとっては難易度が高いと感じるかもしれないからです。

 

「HTML?CSS?何それおいしいの?」っていう人は、Progateやドットインストールから学習を始めた方が良いでしょう。

Kindle版か紙の本か

個人的には、紙の本がおすすめです。

 

理由は、Kindle版だと離れた2ページ間をすぐに移動できないのですが、紙の本ならすぐにパラパラめくってすぐに見ることができるからです。

 

技術書を買うときは、パラパラいろんなページを見ることが多いので、紙の本が無難だと思います。

「HTML5/CSS3 モダンコーディング」はこんな人におすすめ

「Progateとドットインストールで基礎的な知識はおさえたけど、まだ自分でサイトを1から作る自信はない…」というレベル感の人に合っていると思います。

 

ちなみに、僕はこの本を読む前に「HTML5&CSS3 デザインきちんと入門」という書籍も読みました。この本で網羅的に基礎知識を叩き込んでいたので、モダンコーディングはスラスラ進めることができました。

 

上記の本もHTML、CSSの入門書として有名なので、気になる方は調べてみてください。

さいごに

以上、「HTML5/CSS3 モダンコーディング」のレビューでした。この記事の内容をまとめます。

・かっこいいサイトが簡単に作れる

・実際にWebページを作るので、実践的な力がつく

・解説が丁寧で分かりやすい

・できる気になってしまいがちなので、注意が必要

・完全初心者向けではない

買うかどうか迷っている方は、Amazonなど他のレビューも読んでみて判断してもらえればと思います。

 

少しでも技術書選びの参考になれば幸いです。

では、以上です。

 

この記事内で紹介した本

HTML5&CSS3 モダンコーディング:1から自力でモダンなWebページを作れるようになる

HTML5&CSS3 デザインきちんと入門:HTMLとCSSの知識を体系的に学べる