Mac

Macのターミナルでエイリアスを設定して、コマンドのショートカットを作成する方法

「いちいち長いコマンドを打つのがめんどくさい…」というめんどくさがりなエンジニアさん向けの内容です。

 

自分の備忘録のためにも、Macでエイリアスを設定する方法を記録しておきます。

エイリアスとは

ひとことで表すと「ショートカット」や「別名」です。

 

鬼嫁が気の弱い夫に、「肩もみと足のマッサージをして、それが終わったらトイレとお風呂掃除をしろ!そのあとはデザートのプリンをコンビニまで買ってこい!」という命令を「おい!」のひとことで命令する。

 

そんなイメージです。笑

 

要するに、長いコマンドに別名をつけて(=エイリアスを設定して)おけば、短いコマンドを打つだけでいいのです。

Macでエイリアスを設定する方法

1.「.bashrc」ファイルをホームディレクトリに作成して開きます。

※vimの操作方法についてはググってください。

vim ~/.bashrc

 

2.ここに、エイリアスの設定を記述します。

alias ll='ls -l'
alias la='la -a'

上記を設定することで、「ll」とターミナルで打つと「ls -l」が実行され、「la」と打つと「ls -a」が実行されるようになります。

 

3.「.bashrc」ファイルを有効化

source ~/.bashrc

sourceコマンドで、設定をターミナルに反映させることができます。

 

4.「.bash_profile」をホームディレクトリに作成して編集する

「.bash_profile」は、ターミナル起動時に「.bashrc」を読み込むために設定します。これを設定しないと、毎回「source ~/.bashrc」を打たないといけなくなります。

vim ~/.bash_profile

 

5.「.bash_profile」に以下を記述する

if [ -f ~/.bashrc ]; then
  . ~/.bashrc
fi

上記は、「~/.bashrcファイルが存在すれば、それを読み込む」という意味です。

 

以上で、エイリアスの設定ができました。

 

よく使うコマンドや長ったらしいコマンドは、エイリアスを設定しておくことで時間短縮になるので、便利です。