Rails

【レビュー】プロを目指す人のためのRuby入門【書評・感想】

どうも、シューヘーです。

「”プロを目指す人のためのRuby入門”を買おうかどうか迷っているんだけど、今の自分のレベルに合っているのか分からない。他の教本と比較して優れているところや劣っているところなど、実際に読んだことがある人の感想が聞きたい」

こんな疑問に答えます。

この記事の内容

プロを目指す人のためのRuby入門のレビュー・感想

プロを目指す人のためのRuby入門に書かれている内容

・Rubyの完全初心者にはおすすめしない理由

筆者の僕は現役のRailsエンジニアで、エンジニアとして働き始めてすぐの頃にこの本を読みました。

 

この記事を読むことで、自分がこの本を読むレベルに達しているのかどうか、買うべきかどうかの参考になると思います。

【レビュー】プロを目指す人のためのRuby入門【書評・感想】

プロを目指す人のためのRuby入門の内容

ざっくりした内容(この本で学べること)は以下のとおりです。

・Rubyのインストール方法(Mac / Windows / Linux)

・Rubyの基礎文法

・テストの自動化(Minitest)

・配列

・繰り返し処理

・ハッシュ

・シンボル

・正規表現

・クラス

・モジュール

・例外処理

・yield

・Proc

・Rubyのデバッグ技法

・Railsの習得に向けた予備知識

上記を見て分かる通り、かなりボリュームがあります。「プロを目指す人のための」とタイトルにもあるように、この本の知識を完璧に習得できれば、実務で「Rubyの文法が分からなくて読めない…」ということはなくなります。

個人的に良いと感じたところ

個人的に良いと感じたところは、以下の3点です。

・説明が分かりやすい

・網羅的にRubyを学べる

・デバッグ技法が学べる

説明が分かりやすい

この本の筆者の伊藤さん(@jnchito)は、普段からブログやQiitaで大量の技術系記事をアウトプットしている方で、分かりやすく教えることのプロです。

 

Kindleのサンプル版か書店でパラッと読んでみるだけでも、説明が丁寧でスラスラと内容が頭に入ってくることが分かるかと思います。

網羅的にRubyを学べる

ProgateやドットインストールなどのWeb上の教材を終えた段階で、Rubyの基礎を習得することは可能ですが、その段階ではまだまだ知らない知識の方が多いです。

 

例えば、シンボルと文字列の違い、正規表現、モジュール、例外処理、Procなど。

 

この本を読んで初めて学べることは、初学者にとってかなり多いはずです。

デバッグ技法が学べる

個人的には、「デバッグの方法を学べた」というのがかなり大きな収穫でした。

 

今までは、エラーが発生したら「何が書いてあるのか分からないけど、コピペしてググってみる」という感じでしたが、この本を読んで「エラー文の読み方を知った上で、何が原因でエラーが起きているかを把握し解決できる」という状態になれました。

Kindle版か、紙の本か

僕はKindle版を購入したのですが、「紙の本にすればよかったな〜」と少し後悔しました。

 

Kindleは本を持ち運ぶ必要がないのでどこでも勉強できるのですが、複数のページをまたいだコードを見比べるときにすぐにページ移動ができないところが不便です。(地味に学習効率が下がります)

 

紙の本なら、10ページ目と20ページ目に書かれたコードを比較したいときに、すぐにペラッペラっと読めますので。

 

基本的に、コードが載っているような技術書を読むときは紙の本を選んだ方が良いと思います。

プロを目指す人のためのRuby入門はこんな人におすすめ

書籍の対象読者について書かれている部分を引用すると、この本を読むべきなのは、以下に当てはまる人です。

・現在はJavaやC#など、別の言語でプログラムを書いているが、次はRubyを使った仕事に就きたいと考えている

・Web上のオンライン教材などで独学し、なんとなくRuby on RailsでWebアプリケーションを作れるようになったが、Ruby言語そのものに精通しているとは言い難いと考えている

一方、「まったくプログラムを書いたことがない」という未経験者には、この本を読むにはまだ早いです。以下の質問に対してすぐに答えられない人は、まずはProgateやドットインストールなどで基礎を勉強した方が良いでしょう。

・シンボルとは?

・クラスとは?

・オブジェクトとは?

・インスタンスメソッドとは?

・引数とは?

余談ですが、僕がRubyを勉強した手順としては、「Progate→Udemy→ドットインストール→自分でアプリケーションを作ってみる→この本」という感じでした。

さいごに

以上、「プロを目指す人のためのRuby入門」のレビューでした。

 

エンジニアは「エンジニアになるまで〜エンジニアとして働き初めて1〜2年」ぐらいの期間は、猛烈に勉強しないと実務についていけないので大変ですが、コードが書けるようになると徐々に楽になってきます。

 

(そして勉強するのが楽しくなってきます)

 

とはいえ僕もまだまだエンジニアとしてヒヨッ子なので、あと2〜3年ぐらいは自己研鑽に励む日々を送ろうと思います。

 

というわけで、この記事を読んでいるみなさんも一緒にがんばっていきましょう。

以上です。

 

この記事で紹介した本