プログラミング

【レビュー】オブジェクト指向でなぜつくるのか【書評】

オブジェクト指向でなぜつくるのか

どうも、Railsエンジニアのシューヘーです。

オブジェクト指向ってどういう意味?「オブジェクト指向でなぜつくるのか」という本が有名だと聞いたけど、買うかどうか迷っている。実際に読んでみた人の感想を聞いてみたい

こんな悩みに答えます。

 

この記事の内容

・「オブジェクト指向でなぜつくるのか」のレビュー・感想

・「オブジェクト指向でなぜつくるのか」の内容

・どんな人におすすめか

プログラミングをしていると「オブジェクト指向」という言葉をよく聞きますが、「オブジェクト指向ってどういう意味?」と聞かれてすぐに答えられるでしょうか。

 

僕もオブジェクト指向の概念があいまいだったので、先日この本を読んでみました。一通り読んでみた立場から、レビューをしていきたいと思います。

 

オブジェクト指向が何か分からない方、どんな書籍を読めばよいか迷っている方は、参考にしてみてください。

「オブジェクト指向でなぜつくるのか」のレビュー・感想

オブジェクト指向でなぜつくるのか

この本の内容

ざっくりこの本の内容を説明すると、以下の通りです。

・オブジェクト指向とは?

・プログラミング言語の歴史(オブジェクト指向とは何かを理解するため)

・オブジェクト指向のプログラムが動く仕組み

・UML

・モデリング(業務分析、要件定義、設計)

・オブジェクト指向の「次」の開発技術(関数型言語)

この本を読むことによって、オブジェクト指向とそれに関連する上記のような知識を理解することができます。

個人的に良いと感じたところ

この本がいいなと思ったポイントは、以下の2つです。

・「なぜオブジェクト指向が難しく思われるのか?」というレベルから解説してくれる

・オブジェクト指向の全体像が分かるように、オブジェクト指向をとりまく知識を解説してくれている

「なぜオブジェクト指向が難しく思われるのか?」という、読者が疑問に思っていることを読者目線で教えてくれるところが丁寧だなと感じました。

 

また、「オブジェクト指向とは?」という疑問を解決するために、プログラミング言語の歴史、フレームワーク、デザインパターン、UML、モデリング、設計、開発プロセスなど、オブジェクト指向をとりまく知識を埋めてくれます。

 

オブジェクト指向の全体像が分かるようになっているので、理解しやすかったです。

ここはイマイチだと感じたところ

以下の1つだけです。

・実際に、オブジェクト指向なプログラムを書く練習はできない

この本で習得できるのは、「オブジェクト指向とは何か?」という概念を理解するところまでです。実際にオブジェクト指向なプログラムを書けるようにはなれません。

 

実際にプログラムを書きながらオブジェクト指向を理解したいなら、オブジェクト指向設計実践ガイドという本を読んでみてください。

 

Rubyで実際にプログラムを書きながら、オブジェクト指向なプログラムを書く練習をすることができます。すでに僕も購入して一周しました。

 

とはいえ、オブジェクト指向設計実践ガイドは初心者には内容が難しいので、「オブジェクト指向でなぜつくるのか」を読んで概念を理解したあとに、「オブジェクト指向設計実践ガイド」で実際にプログラムを書く練習をすると良いでしょう。

Kindle版か紙の本か

個人的には、紙の本がおすすめです。

 

理由は、Kindle版だと離れた2ページ間をすぐに移動できないのですが、紙の本ならすぐにパラパラめくってすぐに見ることができるからです。

 

技術書を買うときは、パラパラいろんなページを見ることが多いので、紙の本が無難です。

「オブジェクト指向でなぜつくるのか」はこんな人におすすめ

以下に当てはまる人に読んでほしいです。

・「オブジェクト指向とは何か?」と聞かれてパッと答えられない人

・なんとなく分かるけど、「クラス」「カプセル化」「継承」「ポリモーフィズム」という言葉を説明できない

逆に、以下に当てはまる人にはおすすめできません。

・自分でまったくプログラミングをしたことがない人

・すでにオブジェクト指向な設計でバリバリコードを書いている上級者の人

自分でプログラムを書いたことがない人に、「オブジェクト指向」とか「クラス」とか言ってもさっぱり概念が伝わらないと思うので、そんな人はまずProgateなどのサービスを使ってプログラムを書いてみるところから始めてみてください。

さいごに

以上、「オブジェクト指向でなぜつくるのか」のレビューでした。この記事の内容をまとめます。

・オブジェクト指向の概念を理解できる

・オブジェクト指向をとりまく周辺知識を身につけられる

・まずはオブジェクト指向でなぜつくるのかで概念を理解したあと、オブジェクト指向設計実践ガイドでプログラムを書く練習をするのが良い

まずはKindleの無料サンプルで目次や最初の内容をちょっと読んでみてから、実際に購入するかどうかを考えてみてもらえればと思います。

 

技術書は、今の自分のレベルに合ったものを選ぶのが大切です。僕のこの記事だけでなく、他のレビュー記事も読んでみることをおすすめします。

 

少しでも技術書選びの参考になれば幸いです。

では、以上です。

 

この記事内で紹介した本

オブジェクト指向でなぜつくるのか:オブジェクト指向の概念を理解できる

オブジェクト指向設計実践ガイド:オブジェクト指向なプログラムを書く練習ができる(言語はRubyなので注意)